BECK|アニメ無料動画を合法に視聴する方法まとめ

©ハロルド作石・講談社/2004 BECK製作員会

 

\この作品のおすすめサービスランキング/
配信サービス 配信状況 無料期間
U-NEXT 無料見放題 31日間無料
月額1990円
▶ 今すぐ見る

 

話数 全26回
声優
キャスト
(田中幸雄(コユキ))浪川大輔
(桜井裕志(サク))奈良徹
(南竜介(竜介))上野裕馬
(斉藤研一(斉藤さん))掟ポルシェ
(千葉恒美(千葉))大畑伸太郎
(南美帆(美帆))斉木美帆
(平義行(平))野島健児
(石黒泉(泉ちゃん))丸山美紀
(田中幸雄(Vo))平林一哉
(千葉恒美(Vo))TATSUZO
制作陣 監督:小林治
原作:ハロルド作石
アニメーション制作:マッドハウス
キャラクターデザイン:堀元宣

あらすじ
沖縄出身のアイドル「国吉ちえみ」の歌を最高の音楽と信じて疑わなかった主人公・田中幸雄は、アメリカの若者に一番影響力があるバンド「ダイイング・ブリード」の音楽を聴くことでロックに目覚め、南竜介が作ったバンド「BECK」に巻き込まれていく。

\この作品のおすすめサービスランキング/
配信サービス 配信状況 無料期間
U-NEXT 無料見放題 31日間無料
月額1990円
▶ 今すぐ見る
TSUTAYA DISCAS 無料DVDレンタル 30日間無料
月額1865円~
▶ 今すぐDVDを
無料レンタルする

お好きな所へジャンプできます

LIVE-1 十四歳の風景 「いつまで、こんな毎日が続くんだろう……オレの人生は、14歳にして袋小路の中にあった」

何の取り柄もない平凡な中学2年生のコユキは、その日も憧れの石黒泉に盗撮犯に間違われた上、街ではヤンキーに絡まれ落ち込んでいた。そこに、ツギハギだらけの犬・BECKと飼い主の竜介が現れる。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

LIVE-2 LIVE HOUSE 「コレが……ライブハウス……」

竜介はかつて、アメリカの人気バンド「ダイイング・ブリード」のエディとバンドを組んでいた。コユキと泉が彼のライブを見に行くと、竜介と栄二が口論する中、竜介の妹・真帆がステージで歌っていた。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

LIVE-3 Moon on the water 「Moon on the water……ダイブリで一番好きな曲なんだ……」

竜介は栄二と別れ、メンバーを探していた。真帆と食事をすることになったコユキは、一緒に竜介の居場所へ向かう。コユキが満月を見上げながら歌うダイブリの歌に真帆は感動した。そんな中、コユキは斉藤に出会い…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

LIVE-4 Strum the guitar 「あのギターは、エディに貰ったギターなんだ……」

竜介からもらったギターのネックを折ってしまったコユキは、竜介に絶交されてしまう。ギターの状態を見た斉藤は、修理が可能なことをコユキに伝えた。その頃、竜介はベーシストの平をスカウトしようと試みるが…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

LIVE-5 BECK 「『Beck』にしよう!」

夏祭りの歌謡コンテストでの初ライブが決まり、バンド名を考える竜介。千葉が思い付いた「BECK(仮)」に決まり、歌謡コンテスト当日を迎える。雨も上がり、真帆とライブ会場にやって来たコユキだが…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

LIVE-6 兵藤とジャガー 「C・コバーンが持ってたジャガー、1度弾いてみたかったんだ」

コユキは合唱コンクールの陣頭指揮を任されるが、熱意のあまりクラスを仕切る兵藤に目を付けられる。その後、コユキは軽音部のギターを傷付けてしまうのだが、それは学校のケンカ王・北沢力也のギターだった。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

LIVE-7 ルシール 「ルシールって名前があるんだ、あのギター。竜介がヤバい所で手に入れた、曰くつきのギター」

ギターの件で、コユキは兵藤のパシリにされてしまう。学校の後は練習とバイトに追われていた。一方、BECKは初ライブを迎える。バイト代で修理したギターを受け取ったコユキは、兵藤と力也に遭遇してしまい…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

LIVE-8 校内放送 「……ボーッとしてたら、何事もなく人生は過ぎて行くんだ……」

竜介とわだかまりが無くなったコユキは、真帆と良い雰囲気になったり、泉に再会したり、移ろい行く日々を過ごしていた。相変わらずクラスで浮いた存在のコユキは、ダイブリのMDを持って放送室の前を通り掛かり…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

LIVE-9 LIVE前夜 「バンドは、ただ技術がよければいいってもんじゃない。大切なのはChemistryなんだ」

サクという音楽仲間ができたコユキ。水泳大会では兵藤たちの嫌がらせでほとんどの種目に出場するが、真帆や斉藤に見守られ見事に泳ぎ切る。そして、ドラムの東郷が脱退したBECKの練習にサクが参加して…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

LIVE-10 FACE 「あの……あの曲、オレに歌わせてくれないかな?」

コユキとサクをサポートメンバーに加えてライブを行うBECKだが、反応はいまいちだった。竜介の新曲を聞いたコユキは、自分に歌わせてほしいと頼む。新曲を歌うコユキの歌声に、メンバーは秘められた力を感じる。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

LIVE-11 Summer holiday 「今、オレの目の前にエディとマットがいる。コレは現実なんだ。決して夢なんかじゃない……」

真帆とのデートで、「一緒にプロのシンガーになろう」と言うコユキ。だが、真帆はキスを残して立ち去った。そして、BECKのライブにダイイング・ブリードのギタリスト・エディが見にくるという噂が流れ…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

LIVE-12 シークレットライブ 「ギターってのは、たった6本の弦を伝わって出てくる人間性なんだ」

コユキたちが招待されたダイイング・ブリードのシークレットライブで、マットが栄二を追い出したことから、コユキがステージに立つことになり、その歌声は観客を感動させた。1週間後、コユキは泉と再会するが…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

LIVE-13 青い空 「確かにアイツはムカつくヤツだけどさ……オレ、アイツのギター好きなんだ」

2学期になり、コユキは文化祭に向けて、サク、田辺と「シエル・ブリュ」というバンドを結成した。練習を聞いた兵藤たちにからかわれ、田辺は文化祭当日に逃げ出してしまう。生徒から批判を受けたコユキたちは…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

LIVE-14 Dream 「ここは……どこだ……?」

泉のおかげで、真帆と仲直りしたコユキ。一方、BECKはメジャーデビューに苦戦していた。リハーサルに没頭して最高のCD作りに励む竜介。熱を出したコユキも徹夜で練習スタジオに入るのだが…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

LIVE-15 Back to school 「なんか、ギターが呼んでる気がするんだ……オレのこと」

コユキの高校生活が始まり、千葉も同じ一枝学園の上級生だと知る。自分のギターを買うことに決めたコユキは、中古のフェンダー・テレキャスターに惹かれ、手に入れるために中華料理店でバイトを始めるが…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

LIVE-16 インディーズ 「ライブも大事だ……でも、今のオレたちの問題は……コレだ!」

ムービーを見た持ち主が、盗まれたルシールの在り処に気付いたと、エディに聞かされる竜介。一方、真帆と友達のヨシトは、中華料理店で真帆と親しげにするコユキに嫉妬する。BECKは自作のCDが売れず…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

LIVE-17 スリーデイズ 「アメリカで、オレらの音楽が鳴ってるのか・・・。」

シカゴのインディーズレーベルで、BECKの自主制作盤が発売されることになる。BECKは確実に成長し続けていた。そんなある日、コユキはJ・ウォルシュ監督の映画「スリーデイズ」を真帆と見に行き…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

LIVE-18 レオン・サイクス 「ビジネスが目的だ……それと、宝探しをしにね」

BECKはバンドマンの聖地・マーキーでライブを重ね、周囲から認められる存在になる。コユキは作曲にも挑戦していた。マーキーの夜の部に進出したBECKだが、真帆にタレントデビューの話が舞い込み…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

LIVE-19 ブルース 「あなたのギターを聞いてると、なぜかサニーボーイを思い出します。」

ベックとルシールを盗んだ罰を与えるため、レオン・サイクスが竜介を拉致する。そこには伝説のブルースマンであるJ・L・ディビスの姿があった。セッションを申し込んできた竜介の才能に感激したディビスは…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

LIVE-20 グレイトフルサウンド 「世の中には、奇跡としか思えない出会いで生まれたバンドがある。 決して、誰でもいいわけじゃない。そいつらしかいないんだ」

佐藤のオバチャンという支持者が増えたBECK。彼女はダイブリを国内最大級の野外フェス・グレイトフルサウンドに招待したいと言う。竜介はBECKがグレイトフルサウンドに出演できるよう動き始めるが…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

LIVE-21 Write Music 「生きる事と死ぬ事を真剣に考えたなら、まともじゃないのは、今のオレの方かもしれないな」

グレイトフルサウンドの出演に向けて、再び動きだすBECK。「私はコユキが平凡な人間だなんて思わないよ」と真帆に言われて、物思いに耽ってていたコユキの頭の中に、聞いたことのないメロディーが響き渡り…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

LIVE-22 前夜祭 「グレイトフルサウンドで戦うには、メンバー一人一人のスキルアップが必要不可欠だ。これ位の事もできないヤツなら、バンドを辞めてもらう」

グレイトフルサウンドまで残りわずかになり、BECKは曲作りやリハに力が入っていた。自分のメロディーに詞を付けることに苦戦したコユキだが、最終的に竜介が作詞し新曲が完成した。BECKは会場に向かうが…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

LIVE-23 FESTIVAL 「千葉、もしかしたらお前はバンドにいるべきじゃないのかも知れない……」

グレイトフルサウンドが始まり、竜介はBECKの観客が1番多い場合、借りをチャラにしてほしいとサイクスに申し出た。賭けに負ければ解散になるBECKだが、本番直前に竜介と喧嘩した千葉が出て行ってしまい…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

LIVE-24 サードステージ 「ココの客は盛り上がってるフリをしてるんじゃない。 本気で盛り上がってるんだもん」

コユキはアコギを片手に1人でステージに上がる。コユキの歌声に引き寄せられてサクと平が演奏に加わり、竜介も戻って来た。尊敬する平野に助けられた千葉は警備員室から脱出し、サイドステージに急ぐが…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

LIVE-25 Slip out 「コレが、最後のライブだよ」

5人揃ったBECKは、新曲「Slip Out」を歌い終えステージを去るが、歓声とアンコールの声が鳴り止まない。竜介はアンコールに応えず去って行った。コユキは真帆と唇を重ね、BECKの終わりを告げた。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

LIVE-26(最終回) America 「離れてても、みんなの思いはひとつだと思うんだ……」

それぞれの道を歩きだしたBECKだが、復活を信じて行動に移したコユキの元に、竜介以外のメンバーが集結した。そして「F.V.E」からアメリカ横断ツアーのオファーを受けたBECKは、日本を旅立ち…。

>> 安全でコスパの良い配信サイトはこちら <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です